いつも、いつまでも、チャレンジ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
徒然日記
愛妻の丘

どんな人にも平等に与えられる、時間。同じ一日なら、一年なら、一生なら、前向きにチャレンジして進んでいきたい。毎日、時間が足りない。それが心地よい。学んでいる、進んでいる、成長している。そんな気持ちで毎日を過ごしたいもの。ぼぅっとしている時間なんてない。やりたいこと、知りたいことがたくさん。

学ぶということ

1998年。私は自分でホームページを開設した。当時は「ブログ」なんてなく、ホームページビルダーというソフトと参考書を購入して独学で学んだ。作ったのは、当時住んでいたエリアのレストランガイド。100店舗くらいのお店に足を運び、写真を撮ってインタビューした内容をサイトにアップしていった。自分のやりたいように企画し、取材し、記事にしていくのがとても楽しかったことを覚えている。いろんな方に出会って、いろんな話を伺い刺激を受けた。当時はホームページを自分で開設する人は限られていたため、注目もある程度していただけ、読者が実際に足を運んでくださったとお店からお礼の連絡を受けたりもした。なんと、今から20年も前の話。

時代は流れ、ソースがかけなくても、誰でもブログやソーシャルメディアで自由に発信できる。だけど、今更だけど、Wordpressで自分でサイトを作ってみたくて、HTMLやCSSをはじめ、いくつかの言語を勉強してみようと年末あたりから勉強を何年かぶりに開始した。

飛び込んだ先は20代中心の500人のコミュニティ

学びを再開してすぐに、「30日間のトレーニングで一緒に学びましょう!」と呼びかけるTwitterに反応し、その輪に加わることにした。それが、2018年12月30日だったか。すぐに、LINEでトークルームが作られて参加。あっという間に300人になり、あっという間に500人になった。メンバーは20代を中心とする若い人たちのグループで、ほぼ確実に私が最年長じゃないかと思う。

そのトークルームで、毎日18時になると、「本日の課題」が出される。それを参加者500人が取り組み、LINEで「ここがわかりません。このソース、どこがおかしいでしょうか?」という問い合わせが入る。それに対して、誰となく率先して「それは、●▽がおかしいかも?ここに説明が書いてあるよ。これがURLで・・・」という風に、有志メンバーが「教えあう、助け合う、励ましあう」のだ。中には知り合いと一緒に参加した人もいるだろうが、基本的には初対面・・・というか、TwitterやLINEでのつながりだけの人たちだ。

彼らはマナーもよくて、素晴らしい。だれかが前に出たのと同じ質問をすると、「以前、同じ質問があったので、さかのぼって読んでください。」「自分なりに努力してから問い合わせないと、ぐぐり力が伸びないよ。」などという感じ。助け合う、尊重しあう、語り合う。いやぁ・・・、読んでいるだけで感心してしまう。

私は500人のみなさんの中では、脱落組になってしまったが、LINEのグループから抜けず、この高揚感、緊張感を毎日感じていたい。この500人の刺激いっぱいの空気が心地よく、自分が大して発信していなくても、そこにいられることがとっても嬉しい。「昨日より今日、今日より明日自分は成長していきたい」と願い行動しているメンバーと一緒にいられることは貴重な体験だ。

この記事を読んでいる方々は、日々どんな暮らしをされているだろう。目標を持ちコツコツ努力し、自分と対話しているだろうか?生ぬるい空気の中で自分を甘やかしている方はいませんか?

環境は自分で作る。伸びたい人が集まる空間に身を置く

伸びたい、前向きなメンバーと一緒にいるのは本当に気持ちがいい。何が言いたいかというと。定年とか自分の伸びしろが見えてきたなぁ・・・、なんて思っている方には、どんどん自分で環境を変えて、新しい世界に飛び込んでもらいたいと思う。今から人生は90年、100年。ってことは、「もう50歳だ」じゃなくて、「まだ半分」なんですよね。今まで自分が経験したこと、習得したことは一部は古くなったり、AIや機械にとってかわられてしまう部分もあるけれど、それは仕方がないこと、大量のデータを分析する情報処理などはAIに任せて、人間にしかできない「言葉と裏腹な感情」を鑑みた対応や、大量に処理する作業に移る前の「創造」の段階を行うように努力しよう。自分の仕事の中で、「考える力」より「処理」に近い業務をしている方は、毎日「考える力」「判断する力」を再度鍛えておこう。

年齢、立場、メンツ、そんなものにとらわれず自由になる。自分が楽しめることを見つけて、勉強する。そんな生き方をしたいなら、大切なのは環境づくり。周りの環境に合わせるんじゃなくて、「伸びていこう」としている人と一緒にいること。そんな環境を自分が作る。そんな環境に身を置く。それがすごく大切。「どうしようかな・・・」と迷ってないで、やりたいことはすぐやる。手を出してみる。しばらく地道にかかわってみる、努力してみる。

同じ一日、一週間、一年でも、これをしている人は愚痴言わないし、すごいスピードで進んでいく。そんな人でありたいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました