家事は時短、忙しい毎日でも自分の時間を作るコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
徒然日記
時間がないっ!

女性の多くは、とにかくいつも時間に追われて忙しい。朝起きて、家族の朝ごはんをって、お弁当作って、子供の身支度して、今度は自分の身支度して、あれして、これして・・・。息をつく暇もなくい朝。常に「次に何をするか」を考え、頭がフル回転。もっと忙しいのが夕方。献立考えて、買い物にして、料理して、食べさせて、片づけて・・・。という毎日。でも、最近そのイライラから解放されたーーー!!その分、自分時間の捻出に成功!今日は、その解決方法を教えます。

家事は時短、忙しい毎日でも自分の時間を作るコツ

本当に毎日忙しい。以前セミナーで聞いたんですが「忙しいという漢字は、【「心」を「亡くす」】と書きます。なので、忙しくしていると、大切なことにさえ気遣うことができなくなる。」んだそうです。まさに、忙しいと心がなくなる。

しかし、ある方法を使うことで、ぐっと時短ができて、自分の時間を作れるようになります。ぜひ活用して、ストレスの少ない、ゆとりのある暮らしを手に入れましょう!

平日に余裕を生み出す4つの方法

ストレスを減らして家事を圧縮する方法はこの4つです。

  1. 買い物は日曜日だけ
  2. 日曜日に作り置き料理を用意する
  3. 食器洗いは、必ず食洗器を使う
  4. 洗濯機は、乾燥機能が付いた一体型のものにする

これだけ。この方法を取り入れることで、毎日1時間、一週間で5時間を節約し、自分の時間に変えることができます。ぜひ取り入れてください。

買い物はまとめ買いにして、「買い物時間」を時短しよう

買い物は基本的に一週間分をまとめ買いして、買い物の回数をぐっと減らしましょう。それを実現するには以下の方法が便利です。

  • 買い物する前に、1週間のメニューを大まかに決めておく→日々の献立で悩まなくなる
  • 買い物メモを作って、それを見ながら買い物を済ませる→買い忘れを防ぐ
  • 日持ちがするものは多少余裕をもって購入しておく→あと一品ほしい時の補完ができる
  • お店は新鮮野菜を買えるところを厳選→日持ちしにくい野菜も一週間品質保持でき買い足しが不要に。

買い物の頻度を下げて、ほしいものを厳選し、抜けもれなく購入することで、冷蔵庫で傷んでしまう野菜がぐっと減ります。まとめ買いができるようになったのは、「新鮮な野菜」が帰るお店が見つかるかどうかにかかっています。毎週、無理なく通えるお店で、納得できる品質と価格で日配品を提供してくれるお店があればそれが可能。我が家はラゾーナ川崎の「京都八百一」を発見。豆や小麦粉などは専門店の「TOMIZ」で、ワインやこだわりのお豆腐や調味料は「KITANO ACE」で。週末はそこで一括して買い物をするように切り替えたことで、ぐっと時短が可能になりました。

【昔】 仕事帰りにメニューを決めて買い物すると、いつも気持ちが忙しい。仕事が終わって、買い物して、そのあと料理するため、ずっとバタバタした感じになる。料理もちっとも楽しくなく、義務感でやってしまう。その結果、メニューのバリエーションがなく、食べて楽しくない、「いつものメニューの使いまわし」になってしまう。

【今】何を作るかメニューを事前に決めて買い物リストを作成し、無駄なく購入。メニューは日曜日に考えているから、平日の余裕が全く違う。買い物に行かなくていいことで時間を節約できる。メニューを考える労力も不要になる。ここの心の余裕が全く違います~。

日曜日に作り置き料理をする

次は、作り置きの活用で、さらに時短します。これを取り入れた結果、

  • 平日の調理時間が激減
  • 時間や下処理が必要な野菜料理が気軽に食べられるようになった
  • 週の前半に食べる分は日曜日に調理して保存
  • 週の後半に食べる分は下処理をしておいて、最終調理は平日にちょちょっと

これを始めてから、本当にびっくりするくらい楽になった。余裕をもってメニューを考えられるので、レシピ本から選んだり、前から興味があった食材を試してみよう、という気持ちになり、毎日の食卓にバリエーションが増える。すると、食事が楽しみになって、家族も自分もうれしい時間になる。また機会を見て、レシピやコツもご紹介しますね。

食器洗いは、必ず食洗器を使う

食洗器をお持ちの方は、必ず活用しましょう。時間はぐっと節約できるし、手荒れも減って手がきれいになる。「洗いあがった食器を、食洗器から出すのが面倒だ。」という方もあると思いますが、そんな方は、食洗器から食器棚までの距離を短くできるように模様替えをしましょう。そうすれば、ぐっと気楽に食洗器のものを食器棚に収めるハードルも減ります。

洗濯機は、乾燥機能が付いた一体型のものにする

家事の中で家電の力を借りて手抜きできるものは、必ず取り入れる。その一つは洗濯。以前は乾燥機がなかったので、浴室乾燥換気扇を使って乾かしていた。すると、洗濯が終わると服を干すためにわざわざ洗面所までいかねばならなかったけど、今では以下の通り

洗濯ものを2つに分ける。①洗濯から乾燥まで一気にできるもの、②乾燥機では回したくないもの。①はある程度の量がたまったら、洗濯乾燥機に入れれポン!とボタンを押すだけ ②は週末まで置いておいて、時間があるときにまとめて洗って干す。

これもまた精神的にすごく楽になる。乾燥機で乾かせないものは、干すときも、取り込みも時間がかかる。だから、とにかく手がかかるものはまとめて回数を減らしちゃおう、というわけです。

「家事は時短、忙しい毎日でも自分の時間を作るコツ」 記事まとめ

  1. 買い物は日曜日だけ
  2. 日曜日に作り置き料理を用意
  3. 食器洗いは、必ず食洗器を使う
  4. 洗濯機は、乾燥機能が付いた一体型のものにする

以上の方法で、我が家の家事は一気にサイズダウン。自分の体がサイズダウンすればもっと良いのだが・・・ハハハ(汗)

コメント

タイトルとURLをコピーしました