毎日使っている調理器具って何だろうと考えたら、ニトリのスキレットが秀逸だった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニトリのスキレットおうちごはん
ニトリのスキレット

我が家には一時キャンプブームがあって、その時に購入したのがニトリのスキレット。サイズが2種類あるけど、大きめのものが便利で使いやすい。気が付くと、キャンプでもない普段の生活で、毎日使うようになっていた。スキレットの魅力3つをまとめた。

とっても手ごろなお値段で購入ハードルが低い

ニトリのスキレット。なんといっても、購入時の投資が少なくていい。もっと金額が高めのキャンプ用スキレットを買おうかとも思いましたが、大きなものはとても重かったし、まずは手軽なニトリさんのを使ってみて、気に入ったら大きいのを買おう!と思って購入う。その結果、気に入りすぎて、追加のを買うことはないですね。一人に1つのスキレットが欲しいので、このサイズで家族人数分があれば最高です。

料理作って、そのままテーブルに出せるのに「絵」になる

例えば、朝ご飯に使うとき。コーヒーを入れてパンを焼く。その間に、コンロにスキレットを乗せる、油をひく、卵を割り入れる。放置。これで卵に火が通ったら、そのままテーブルに、ドンと出す。ステーキもとっても簡単。焼いて、そのまま出す。

お皿を使わないから洗い物も少なくてよいのです♪

スキレットでステーキ

スキレットの「黒」っていいよね。食材が生えて、きれいに見える。同じものでも、お皿に盛りつけより、少ない食材で絵になると思いませんか?

蓋がないけど大丈夫。1つを二の代わりにして2つのスキレットを重ねて使えばOK

スキレットは蓋にもなる

洗うときは、さっとたわしで洗うだけ!

食べた後も助かるのは、洗うときは水洗いでよく、 何か汚れがついていたら、ささっとたわしでこするだけ。そのまま、コンロにかけて水分を飛ばしてしまえば、そのまま片づけます。使い始めこそ、シーズニングといわれる「油でコーティング」を作ってしまいますが、油がなじんでいればそれも不要。我が家はもう鉄が育っていて焦げ付かないので、シーズニングをしなくても焦げ付きません。

手ごろなお値段で買えて、さっと料理作ってそのままテーブルに出せて、洗うのが簡単。これが、頻度高く使う理由かな。

あぁ・・・。明日はこれで何を作ろうかな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました