2019-03

車中泊日記

犬と車中泊 ドッグランを併設しているサービスエリア

犬と車中泊をするときに、ドッグランがあると犬たちも喜びますよね。ということで、ドッグランを併設しているサービスエリア一覧を作ってみました。
愛犬との暮らし

【体験談】退院後、安静にさせるには、いろんな工夫が必要だった

愛犬が手術を終え、退院。連れて帰ったが様子がおかしい。神経質に地団駄を踏みながら、吠える。自宅を離れていたので、家を思い出すのに時間がかかるのかもしれない。加えて、狭い場所が苦手、排泄は屋外でしかしないことも関係し、安静に過ごすには工夫が必要だった。
愛犬との暮らし

退院、そして、一か月の安静期間を過ごす部屋づくり

愛犬が退院しました。入院期間は10日ほど。背骨の椎体亜脱臼という診断で、これによる椎間板ヘルニアを併発していました。信頼できる先生のおかげで、無事に手術は成功し、一か月の安静期間に入ります。そのために、安静に過ごせる部屋作りを行いました。
犬の健康

【体験談】犬の入院と手術 日本高度医療センター(高次医療)

信頼できる病院として選んだのが、JARMeC 日本高度医療センター。場所は二子玉川駅から川を渡った多摩川沿いです。こちらは一般診療は受け付けておらず、二次診療専門。必ずかかりつけの動物からの紹介状が必要です。体験談を交えお伝えします。
グルメ

鳥取県北栄町の松葉ガニは想像をはるかに超えたおいしさだった!

前触れもなく、うれしい品物が届く。オットが頼んでいた「ふるさと納税」の品だ。昨日は、松葉ガニが届いた。カニといえば私の大好物♪♪早速、シンプルにゆでていただくことにしよう。結論から言うと、今まで食べたカニ(料亭を含む)の中で、一番おいしいカニでした。
愛犬との暮らし

椎体亜脱臼 ソラの入院、検査、手術へ

ソラが好きな散歩も行きたがらず震えている。息も荒く、足もふらふらしている。どうやら腰が痛そうだ。背骨にずれが見つかった。椎体が脱臼している。最寄りの動物病院から高次医療の病院を紹介してもらい緊急入院となった。
徒然日記

自分は何がしたいのか、わからなくなった時の対処法

自分は何がしたいのか、何が好きか、知っていますか?もし、即答できないとしたら、要注意。自分の心の声に耳を傾けず、思考を停止して生きているのでは?そんな時に使える対処法を書いてみます。
徒然日記

自分に合った生活サイクルで過ごすと、生産性がぐっと上がる

自分にとってぴったりくる生活サイクルを知っていますか?「夜型」「朝型」というのは、この生活サイクルの典型的なワード。どちらが、あなた向きだろうか?いずれでも構わないのだが、これを知っていると知らないのとでは、仕事の生産性や質がぐっとかわってくるから、自分にとって心地よいリズムを知っておこう。
徒然日記

強い組織では、情報の分断がなく隅々まで思想が統一されている

かつてかかわった企業で、驚くほどトップの思想が若手社員隅々にまで浸透していた組織が2社ある。トップの考えを理解し、それを実践しようとしている社員たちを見て鳥肌が立ったものだ。逆に、組織で情報の分断が起きると、その結果、組織は衰退する。経営トップと幹部層が共有している情報を組織構成員に伝達することは、トップと幹部にとって、最も重要な仕事だ。
徒然日記

お客様だからといって、へつらう必要はない

世の中には、お金を払えば、どんな無理を言ってもいいと勘違いしている人がいる。そんな「相手」は「客」なんかじゃない。自分が誇りをもって真摯に仕事をしているなら、それに見合うお客さんを選ぼう。さっさとふさわしくない相手とは距離を置き、お互いを高めあえるお客様と過ごそう。
タイトルとURLをコピーしました