コロナ禍 アフターコロナへの生活の変化

スポンサーリンク
スポンサーリンク
富山 道の駅氷見 日の出徒然日記
富山 道の駅氷見 日の出

夫婦して活動的なので、普段だと旅行に出かけているはずのGWだが、今年は毎日、家から出ないという生活。コロナ禍の中、アフター(with) コロナについて、私自身思うところを書いてみたいと思う。

通勤時間が無くなるということ

在宅勤務の恩恵として、「通勤が不要になる」ということがあげられる。今までだと満員電車に揺られて、移動時間をかけて会社に通っていた。

それが。朝起きて、始業時間になれば、自分の部屋で仕事を始めればいいのだ。残業をしたところで、通勤時間がないので、かえって今までより多く仕事をしても、可処分時間に影響が出なかったりする。ま、今までの通勤にかかっていた「2時間」を余分に働いても、まったく問題なし。

家族との時間が増える

夫婦して、一日中一緒にいる。我が家は夫婦とわんたち。お子さんがいらっしゃる方は、お子さんも一緒にずっといらっしゃることになる。

となると。コロナ離婚、コロナベビーなど、世間でささやかれている通り、家族の関係にいろんな変化が見えてくる。独身の方にとっても、ひょっとして、不安な気持ちから結婚する気持ちになる方が増えるかもしれない。(東関東大震災時には、結婚率が上がったというそんな話も聞いたことあるぞ?)

家族と一緒にいる時間が長くても、楽しめる方もいると思うし、逆に、もともと溝があった関係だと一気にその溝が取り返しのつかない状態になった・・・なんてこともあるだろう。(どっちにしても悪くなるなら、問題を直視して、人生別々にやり直すなんて言うのも、ひょっとしたら長い目で見たときに正解かもしれない。)

どっちにしても、家族との関係が変わりやすい時期に来ているのは間違いない。我が家は今のところ、仲良くやっている。このまま、安全に仲良く暮らせればよいな、と思います。

料理や読書など趣味の文化が花開く

今まで以上に、可処分時間が増える人もいるので、趣味や習い事、料理などへの時間が増しますね。我が家では、今まで以上に一緒に料理し手一緒に食べてます。

最近、少しパンやお菓子作りもやっていこうかと思っているのだけど。私と同じような気持ちの方が多いようで、通販で製菓・製パンの事業者は発送が追い付かず、商品の売り切れが続いている。販売の制限も設けている事業者さんもあるようで。

家にいなければならない、そしれ時間がある。となると、「時間をかけてすること」を始める方が増えるのもうなづける。

会社における変化について

会社にお勤めの方は、いろんな環境が変わる可能性が高いですね。

会社の姿勢が問われ、評価軸が変わる

今までは、就業時間に会社にいれば、仕事になっていたように見せられる人もいただろう。でも、もうそれが通用しなくなる。

日々の報告や、週、月の成果が数字で出せる人はいいかもしれないが、会社として、業務の「プロセス」を評価する仕組みがない場合が多いので、「数値化」できない業務は立場が苦しくなる。

例えばプログラム開発者であれば、時間ごとに書いたプログラムの行数を報告させるところもあるのだと聞いた。会社が貸与するPCについても遠隔でどのソフトを使ってどれくらい作業するのかを監視できるようなツールも台頭してきそうだ。

企業の姿勢として、会社は社員や社会を幸せにするためにある、という考え方か、あるいは、道具のように使い捨てるような人を切り捨てる会社か、大きく割れてくることになりますね。

不動産事情が変わる

今までだと、「場」にいるから、社員をコントロールできていた組織も、リモートワークが基本になってくると、会社と個人の立場が、より対等に近づいていきます。また、住む場所、働く場所が自由に選べるとなれば、地方にとっては悪い話でないかと思う。一極集中の大都市で暮らすより、適度にコミュニティのある郊外のほうが選択されるということも十分あり得る。

もう、無理して都心の高層ビルを2フロア抑える必要はなく、基本はリモート。企業のコストも抑えられる。光熱費、オフィスの賃料、社員の交通費・・・。それらは抑えられる。逆に、インターネット接続の補助があれば、十分。月に数千円、という程度か。

まとめ

今回、コロナがきっかけとなって、いろんな変化が起きた。ワクチンや予防法が確立されるまで、長期にわたる対応を余儀なくされる。

ただ、悪いことばかりでもなく、いずれにせよ、古い体質の組織や風習に対して、起こるであろう変化が前倒しで早まった起きているという一面もある。

悪いことばかりじゃなく、いいことも多いと感じている。いずれにしても好む、好まざるを得ず、変わっていくことに違いない。であれば、前向きにとらえて、柔軟に対応し、人生を楽しみ続けていきたい、そう思うのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました