おうちごはん

おうちごはんおうちごはん

食べるのが好きな私たち夫婦。お酒や食事の量や種類もつい多めに。旅行に出かける目的も、その土地の「食」を楽しむため・・・といっても過言ではない。

そんな私たちに大きな転機が訪れた。2019年秋。オットの健康診断結果が非常に悪かった。血圧、糖、コレステロール、肝臓・・・体が悲鳴を上げている数値とのことだった。特にオットは私以上に脂っこくて辛いものが大好き。この食生活を変えるしか、健康を取り戻すしかない。

夫婦で「食を変えるしかない!」という結論に達し、日々の暮らしを変えることにした。でもね、二人にとってとても大切な食事の時間。

おいしい食事を楽しんで食べるための工夫をしてみよう!ということに。

その結果、毎日、おいしく楽しく食事できていて、暮らしの質を下げなくても体重も減り続けています。その日々の暮らしを記録に残すことにしました。

もし、このブログにお越しくださる方々の、何らかのお役に立てるようならうれしいです。

これから食事に気を付けるよ。

一緒にやろう!和食にして野菜と魚を中心にしよう。

とはいえ、食事は楽しみたいよね・・・。

大丈夫。今までよりもっと楽しんじゃおう!

おうちごはん

初めてでも大丈夫。必ずおいしくできる、鴨鍋と鴨南蛮

鴨って、日常よく食べる食材ではないとはいえ、最近スーパーでも見かけるようになってきた。鴨は栄養も豊富で、うまみの強い食材。ぜひ、気軽に自宅でも料理して食べたい食材。今回は、「今回はあまり鴨を料理しことがない」という方でもおいしくできる鴨鍋・鴨南蛮をまとめてみました。
おうちごはん

初めてでも失敗せず、おいしく鴨を食べられるレシピ

鴨肉って、みなさんはお好きですか?鴨はたまにスーパーでも見かけますが、おいしそうな鴨となると、私はお取り寄せをします。せっかくお取り寄せしたものは、絶対失敗したくない・・・!ってことで、同じ気持ちの皆さんにお使いいただきたいレシピをご紹介します。
おうちごはん

簡単 失敗しないイングリッシュマフィン

パン作り初心者の方向けのコンテンツです。こねる時間は短く、おもに発酵させるのに時間がかかるだけ。まず、失敗しない、シンプルなイングリッシュマフィンを作ります。外側についたコーングリッツがとてもおいしく、これを使ってエッグベネディクトもできちゃいます。
おうちごはん

家で作ろう 簡単フォカッチャ

毎年、GWには旅行に行くことにしているのだが、今年は都道府県をまたぐ移動を自粛とのことで、ゆっくりと自宅で過ごしている。となると、もともと好奇心が強いほうなので、なにかを始めたくなってしまう。今回は、フォカッチャを作ってみたよ!
おうちごはん

手作りパンの思い出

自粛ムード、ゴールデンウィークならぬ、Stay Home Weekは始まった。大型ショッピングセンターも休み、都道府県をまたぐ移動も自粛という中、家でできることを楽しんでいると、ある思い出がよみがえってきた。 小学校の頃の毎日 ...
器を楽しむ

【沖縄】やちむんの陶器を楽しむ(やちむんの里・やちむん通り)

沖縄、那覇の繁華街「国際通り」からも徒歩10分の場所に、「壺屋やちむん通り」がある。戦前から残っている石畳の道が続き、たくさんの壺屋焼きの店が軒を連ねている。また、読谷村にも、窯元が集まる「やちむんの里」がある。ここでは沖縄の「やちむん」についてまとめました。
器を楽しむ

【滋賀】和食器 信楽焼 文五郎窯の魅力について

滋賀県の信楽を中心に作られている信楽焼。そのなかで、文五郎窯は1862年から続く180年の歴史がある窯元です。今は5代目となる奥田文悟さん(兄)と奥田章さん(弟)で活動されています。その魅力や作品についてまとめてみました。
器を楽しむ

日本の焼物(500種類)から有田焼、波佐見焼、砥部焼を紹介

日本の焼物。全国に500を超える産地がある。そのうち名前を聞いたことがあるモノを数えたら、わずか12(2.4%)だけだった。ここでは、有田焼、波佐見焼、砥部焼について概要をご説明してみたいと思う。焼物初心者向けのコンテンツです。
器を楽しむ

【愛媛県】砥部焼のお皿たち

砥部焼といえば、ふっくりとしたフォルムと、白地に藍でのびのびと描かれた模様が思い浮かぶ。写真の砥部焼の器は、東京でのテーブルウェア・フェスティバルや、砥部に旅行した時に勝った器たち。ここでは砥部焼について書いてみたいと思います。
器を楽しむ

波佐見焼の急須は、ティータイムの必需品

我が家の毎晩のティータイム。一日の出来事を話しながらの楽しい時間です。その時欠かせないのが急須。最近は自宅に急須がないお宅も多いようですが、急須(ポット)でお茶を入れるのも、なかなかいいもんですよ~。ここでは失敗しない急須の選び方をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました