犬の手作りおやつ ささみジャーキーの作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食いしん坊な藍@あおぞらブログ愛犬との暮らし
食いしん坊な藍

犬のおやつとして、無添加で安心できるものを食べさせてやりたい。そんな方にお勧めしたい、自宅で簡単に作れる「手作りささみジャーキー」の作り方をご紹介します。材料は全部自分で吟味して作れるし、シンプルで手軽。うちのわんたちも食いつきが違います。

犬の手作りおやつ ささみジャーキーの作り方

ジャーキーと藍
藍にささみジャーキーを上げようと思ったら襲われた件

無添加で安心、おいしいおやつを用意しておきたい、という方におすすめなのは、ささみで簡単に作れるジャーキー。この簡単な作り方をご紹介します。

ささみジャーキーを作るために必要なもの

  • ささみ(鶏胸肉や砂肝でもOK)  300g
  • オーブンシート(なければ、なしでもOK)
  • オーブンを使います。

これだけです。とってもシンプルです!

ささみジャーキーの作り方

  1. オーブンを予熱しておく。(温度は170度)
  2. 天板にオーブンシートを敷く。(ない場合は、天板に薄く油をひいておきましょう。)
  3. ささみを2-3ミリの薄切りにして、2の上に並べる。
  4. オーブンで20分程度焼く。焼き上がり目安は、水分が十分飛んでいればOK。

これだけです。もし、「水分がまだ残っているかなぁ~」と感じたら、裏返して5~10分焼いてください。

オーブンを持ってない方もささみジャーキー作れます

オーブンがない方も大丈夫。フライパンで蓋をせず、ゆっくり弱火で加熱しても作れます。最近のコンロは高性能で、「弱火」と言っても、希望するより火力が強くなってしまう場合もありますが、その場合は、フライパンにアルミホイルを敷いて、少しフライパンから浮かせて作ると大丈夫です。

保存する場合は、冷凍をお勧めしますが、おいしくて人間も食べちゃったりするので、すぐになくなるんじゃないか?と思います。

ささみ以外でもジャーキー作れるの?

ささみ以外でもジャーキーは作れます。例えば、砂肝、鶏の胸肉などがよいです。
水分や脂分があまり多くないものがおすすめです。 脂分が多いと、焦げてしまってうまくジャーキーにならないので、同じ鶏肉でも足の部分はジャーキーには向いていません。

人間が食べるときにお勧めしたいささみジャーキーのアレンジ

おいしいので、できあがったら、本当に人間が食べてしまいます。ささみのうまみが凝縮されていて、軽く塩コショウをすれば、さらにおいしさアップ。ビールのおつまみにぴったり。

お好みで、レモンをかけたり、タバスコを付けたりとアレンジして召し上がってみてください。

手作りジャーキーを作る時間がない、という方におススメ

無添加で手作りしたいけど、時間がない・・・。そんな時に、我が家はこちらを愛用しています。和歌山県産の「梅鶏」から作られています。梅鶏は、2008年食肉産業展で、最優秀賞を受賞した鶏だから、うまみたっぷり。 酸化防止剤や日持ち向上剤、着色料は無添加です。

【ウィズ グリーンドッグ】ささみジャーキー 200g

「手作りジャーキーの作り方」記事まとめ

  • 無添加の「手作りジャーキー」は、簡単に作れて犬にあげるのも安心
  • 実は、人間のおつまみにもなって、一石二鳥!
  • それでも、やっぱり手作りする時間がないなぁ、なら買ってしまえばOK

では、引き続き、楽しいわんライフを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました