初めてでも失敗せず、おいしく鴨を食べられるレシピ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鴨のローストおうちごはん
失敗しない鴨のロースト

鴨肉って、みなさんはお好きですか?鴨はたまにスーパーでも見かけますが、おいしそうな鴨となると、私はお取り寄せをします。せっかくお取り寄せしたものは、絶対失敗したくない・・・!ってことで、同じ気持ちの皆さんにお使いいただきたいレシピをご紹介します。

絶対に失敗しない、鴨のロースト 材料

  • 鴨ロース Duch Loin 1枚
  • 赤ワイン Red Wine 150CC
  • みりん  Sweet Rice Wine  60CC
  • 醤油   Soy Souce  60CC
  • お好みで、わさび Horse Ruddish if you like.

絶対に失敗しない、鴨のロースト 作り方

鴨肉を料理するチャンスはそんなに多くないのですが、考えてみると、鶏肉はよくお料理されると思います。鴨は、その親せきと思ったらよいかと思います。

鴨の中で、「ロース」は一番大きな肉の部位となります。手羽の付け根が付いたままのロース肉もあるかもしれないので、下処理のポイントをまとめてみました。

鴨の下処理

  • 皮に羽がついていたら、毛抜きで抜こう。
  • 余分な脂の部分、筋肉の膜、筋がついていたら取り除こう。筋肉の膜は、包丁でそいでいくようにとっていけば、大切な赤身を削ることがありません。この処理をやっておくと、食べたときに口の中で、味わうことに集中できます。
  • 下処理で出てきた部位は脂や筋が多いと思いますが、とっておいて、炒め物などにプラスして使い切ろう。いい、おいしい脂が出てくるので、お勧め。

鴨のロースト 調理手順

  • 下処理が終わった鴨を、温めたフライパンに、皮を下にして載せる。この時に、脂は不要。鴨からおいしい脂がでますのでご心配なく。
  • 火加減は中火と弱火の間くらい。鴨の脂がじゅわーっと溶けでてきます。この脂は使いませんので、キッチンペーパーでふき取ってください。
  • 皮目を時々チェックして、いい焼き色が付いたら、ひっくり返します。
  • もう一度、余分な脂をペーパーでふき取っておきましょう。
  • 調味料を全部入れて、8~10分ほど、ふたをして蒸します。
  • 火を消して、15~20分、余熱で鴨に火を通します。
  • 鴨はフライパンから取り出しておく。
  • フライパンに残ったソースを半量に煮詰める。
  • 鴨をスライスしてお皿に盛り、上からソースをかけて完成!

動画もどうぞ

初めてでも失敗せず、絶対においしく食べられる 鴨料理(鴨のロースト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました