【2019年】クルマ旅で見つけた「おいしいもの」まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金沢 源左エ門 海老味噌の甲羅焼き愛犬とお出かけ
金沢 源左エ門 海老味噌の甲羅焼き

クルマで全国を旅していると、その土地ごとの風土があり、そこでしか食べられない食材や料理もある。私の旅の目的の半分は、「食」を楽しむためだ。ここでは、2019年にクルマ旅で見つけたおいしいものを写真とコメントでまとめてみた。

金沢の人気居酒屋、源左エ門 「蟹味噌の甲羅焼き」

金沢にある居酒屋の人気店。すぐ満席になってしまうので、ぜひ予約して出かけたい。ここでは新鮮な北陸の海の幸が味わえるのだが、よく見ると、ほぼすべてのお客さんがオーダーしているのがこちら 「蟹味噌の甲羅焼き」。

カニと目を合わせながら、焼きあがるのをしばし待つ。甲羅の上には、ほぐされたカニの身、上にはカニ味噌のペーストが載っている。

金沢 源左エ門 海老味噌の甲羅焼き
金沢 源左エ門 海老味噌の甲羅焼き

温まるのを待って、全体を混ぜ合わせると完成。よい香り、そしてお酒のあてとして最高なのだ!

金沢 源左エ門 海老味噌の甲羅焼き
金沢 源左エ門 海老味噌の甲羅焼き

北陸にはおいしい食材と、それに合うおいしいお酒もある。組み合わせを楽しみながら、しっかりと北陸を味わいたいものだ。詳しいレポートはこちら

新大久保 名家(ミョンガ) 「カンジャンケジャン」

韓国で食べたおいしいカンジャンケジャン。 新鮮なワタリガニを生のまま、醤油ダレに浸けて作る料理。あの味が忘れられなかったけど、ここ、新大久保の名家(みょんが)では、それが味わえる。

新大久保 カンジャンケジャン
新大久保 カンジャンケジャン

カンジャンケジャンはカニの身やカニの卵のうまみをしっかり味わえる。身を食べた後でも、甲羅にご飯と韓国のりを載せて、カニのうまみたっぷりのタレでいただくという楽しみが待っている。もう。橋が止まらない。だから、「ごはん泥棒」とも呼ばれているメニューなのだ。↓

新大久保 名家 カニの出汁とご飯
新大久保 名家 カニの出汁とご飯

河口湖 Café de Boulogneの、鴨のロースト

  河口湖エリアの「河口湖ステラシアター」付近にあるフランス料理のお店、Café de Boulogne. そのお店のテラス席は、夏でもひんやりして涼やかだった。そこでオーダーしたのは、「鴨のロースト」。鴨肉の上にはポテトが載っている。そのポテトはカリッと揚げられていて、鴨をローストしたときに出る脂で炒め揚げになっている。柔らかくローストされた鴨。ソースは赤ワインを使ったもので、よくあるバルサミコの甘いソースとは違って、さっぱりしている。

河口湖 キャフェ・ドゥ・ブローニュ  鴨のロースト
河口湖 キャフェ・ドゥ・ブローニュ  鴨のロースト

この味は個性的で、大切に育てたメニューなんだとわかる。夏の、汗をかいたときの味と、冬になったらもう一度食べに行って、体の反応を見てみたい。あぁ。次回が楽しみだ。

詳しいレポートはこちら

たくさんある長野の蕎麦屋、今年は「さくら」が一番だったかな

長野にはたくさんのお蕎麦屋さんがある。見かけると、門構えを見て、入るかどうか決める。東御市の「そば茶屋 さくら」さんは、十割そばを食べさせてくださるお蕎麦屋さん。ここのお蕎麦は十割なのにしっかりとこしがあって、一口一口が楽しめるお蕎麦だった。この出会いはうれしい出会いだったな。ちょっとわかりにくい場所にあるのに、通のお客さんが来ていらして。みなさん、よくご存じで・・・・♪

【長野】さくら 田舎蕎麦 更科そば
【長野】さくら 田舎蕎麦 更科そば

お蕎麦もおいしかったのだけど、揚げた蕎麦がきが、もちっとしておいしかった。塩をかけて、そばの甘みを引き出してシンプルに食べるのがおすすめ。あ、もちろん、ご自分の好みに合わせて、食べてくださいね。私は塩だけがよかった。(そばも、つゆにつけて食べるのもいいけど、結構、塩好きです。)

【長野】さくら 揚げそばがき
【長野】さくら 揚げそばがき

千葉 銚子 七兵衛の「さんま寿司」

入梅イワシを食べよう、ってことで、銚子の「七兵衛」に出かけてきたのですが、イワシと並んで、私の心をとらえたのは、さんま。 「さんまのまんま寿司定食」の「さんまのまんま寿司」だった。少し甘めの酢がしっかり効いてる。さんまは肉厚で、頭からしっぽまですべてが食べられる。まさか、さんまでお寿司なんて。これをポンと口に入れて噛むと、甘さ、酢っぱさ、塩が素材を引き立てて、美味。しっかり漬けてあり、頭まで柔らかく、滋味を感じる味だった。みなさんも、ぜひ。

千葉 銚子 丼屋七兵衛 さんまのまんま寿司
千葉 銚子 丼屋七兵衛 さんまのまんま寿司

ここで、デザートとして出してもらったカステラも、やさしい、おいしい味だった。「七兵衛」の数軒先の並びにあるので、とっても味のあるカステラ屋さん、 「つる弁菓子舗 」 にも合わせて立ち寄ってほしいなぁ。

千葉 銚子 丼屋七兵衛 デザート
千葉 銚子 丼屋七兵衛 デザート

詳しくはこちら

伊勢志摩 孝志丸かきっこ の「アカモク」はなんとおいしい海藻なんだ

伊勢志摩に出かけた時のこと。道沿いにいくつか焼きガキのお店が並んでいた。その中の一つが、「孝志丸かきっこ」。開放的な店舗で、わんも一緒に食事できる。牡蠣ももちろんおいしかったのだが、初めて食べた「アカモク」という海藻がすごく新鮮でおいしくて・・・びっくり!!

↓↓本来は、副菜としてメインを光らせるわき役なんだと思うが、この日はこれがいい存在感を出していて、ついつい・・・お代わりしてしまった。これは、おいしかった。関東でたまに「アカモク」を見つけると買ってしまうのだが、この伊勢志摩で食べたアカモクとは別物。あぁ、また食べに行かなくっちゃ!!

孝志丸かきっこ アカモク
孝志丸かきっこ アカモク

詳しいレポートはこちら

「魚の棚商店街(明石)」 のあなご、おいしくて、楽しすぎる!

忘れられない明石の「魚の棚商店街」の食べ歩き。通りがかって、おいしいものを食べよう、って軽い気持ちで行ったんだけど、まぁ、食の宝庫。午後でも新鮮な魚が活きたまま売られている。商店街の両側には作り立てのお惣菜を店頭で食べられるお店がたくさん。そんな中で見つけたお店で、大好きなアナゴ定食を頼んだところ・・・。この穴子煮の味にノックアウトされてしまった。かば焼きのように色は濃くなくて、どちらかというと薄味かと思わせるのに、口に入れるとアナゴと、アナゴの味が口に広がる・・・。

明石 アナゴランチ

この香りや味が文章だけでうまく伝えられないのがもどかしい。

明石のアナゴ

2019年版 クルマ旅で見つけた「おいしいもの」まとめ

クルマ旅は、気分一つで、いろんなところに立ち寄れる。計画して旅するもよし、思い立って、思いのままハンドルを切るもよし。そして、こんなに素敵な「食」にも出会えた。この出会いに感謝して、また、日本の素晴らしい味を探求していくぞ。

少し日本の北側にも行ってみたいので、気温が下がる冬に、脂ののった魚をいただきに行こうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました