3年待ちの「魔法のフライパン」は使いやすかった 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
魔法のフライパン

我が家のフライパン。テフロン加工がはげてきたのを機に、買い替えることにした。まだ使えるのに買い替えなきゃいけないのが嫌で、次は一生使えるフライパンにしようとテフロン以外を選ぶことに。悩んだ末「魔法のフライパン」を選んだ。結論から言うと、すごくよかったので紹介します。

魔法のフライパンってなに?

特徴は、早く熱くなり冷めにくいという「熱効率」の良さ

ステンレス製のフライパン、鉄製のフライパンと比べても魔法のフライパンは高温になるスピードが一番早い。200度に達するまでの予熱時間は、鉄の30%、ステンレスの50%。だから、コンロにかけたらすぐに高温になるから調理開始までの時間が短い。そして温度が下がりにくいから一気に高温で調理できるというわけ。パラパラなチャーハンも夢じゃない。

素材は鉄鋳物なのに、軽いから使いやすい

鋳物の鍋といえば、大人気のStaubと同じ。厚手で重いけど、遠赤外線効果もあって、焼くにも煮込み料理にも適している、というイメージですが、魔法のフライパンは厚さ1.5mmという薄さ。普通、鉄鋳物だと4~5mmだから、半分どころではありません。だから軽いんです。料理しても疲れないし、片手でささっと鍋が振れます。これが鋳物だなんて、信じがたい・・・。これを生み出すには、10年の歳月がかかったといいます。

魔法のフライパンを選んだ決め手

実は本当は業務用の鉄のフライパンにするつもりでしたが、テレビで開発秘話を見てから、こちらに決めました。

注文して届くまで3年という時間がかかります

2019年1月に放送された「カンブリア宮殿」を見てすぐ「魔法のフライパン」の直径26㎝を予約。すでに3か月待ちということで、3月末に届きました。使ってみると焦げ付きもないし、扱いやすいので北京鍋を買おうとしたところ、すでに3年待ちになっていました。

転売品にご注意ください

ネットで「魔法のフライパン」で検索すると、同じ商品でも価格が全く異なる転売品が売られています。人気があるため転売して利ザヤを設けている人がいるようです。確かに、多少高くても今すぐ欲しいという人はいると思いますが、あまり感心できなかったので、錦見鋳造さんのサイトで予約して、正規購入しました。錦見鋳造さんのサイトでは、「転売禁止のお願い」というページもありお困りのようでした。「転売品の保証はいたしかねます」と書いてあります。品質の面から言っても、正規ルートでの購入をお勧めします。

魔法のフライパンの取り扱い方法

使い始めるときの注意点

  • 洗剤を使ってささっと洗います。
  • フライパンをしっかり温めて水を飛ばします。
  • 油を多めに入れてフライパンの肌の上でなじませる
  • 余分な油はオイルポットに戻します
  • 油から白い煙が上がるまで熱します。もしたくさん煙が出ているようだと温度が高すぎるので火を弱めましょう。
  • これで準備完了。さっそく調理を楽しんでください。
  • 鉄のフライパンだと、野菜くずを炒めて捨てる、という方法をとる場合が多いですが、魔法のフライパンは不要です。

下ろしたての魔法のフライパン。さっそく目玉焼きを作ってみた。がーん!焦げてしまった。でも水洗いしたらすぐきれいになったので一安心。

調理後の手入れの仕方

  1. 調理後は、すぐにたわしを使って水洗いする。
  2. 洗剤は不要です。また、調理前に油をなじませていたら、あまり焦げ付きません。
  3. 万が一焦げてきれいにならない場合には、お湯を入れて沸騰させ、汚れが浮いてきたらたわしでこすることできれいになります。
  4. それでも取れないようだったら、金属たわしなどで落としてください。
  5. 最後に火にかけて水分を飛ばし、かるくキッチンペーパーなどで油を薄くつけて保管すればOK

念のために5つめの工程まで書きましたが、手入れは簡単でした。①調理をする→②水を入れてたわしで汚れを落とす→③乾かして収納 の3工程でOKです。普通の鍋より、「魔法のフライパン」のほうが簡単です。

追記  使い始めて2か月経過しました

魔法のフライパンを使い始めて2か月経ちました。今は毎日使っています。

使うときは、一度ちゃんと熱して、煙がたってから油を入れる。そうしないと、焦げ付く。そこだけがちょっと面倒。でも、焦げ付いたら、慌ててはがさず、そのまま熱してしまったほうがいい。

例えば。鶏肉を焼いていて焦げてしまったら、そのまま蓋をする。すると食材から水分が出てくるから、自然にはがれる。鉄だけど軽くて、扱いやすい。調理後は、温かいうちにささっと、お湯とたわしで流す。するとするっと汚れが取れてきれいになる。あ、あまり神経質にならなくて大丈夫なんだ!そう思った。

昨日は天ぷらを作ってみたら、おいしかったなぁ。気が付いたら、毎日使ってる。なので、怖がらずガンガン使ってみては?

我が家の鉄鍋たち

我が家のヘビーローテーションされる鍋たち。気が付くとほとんどが鋳物。使って、さっと汚れを落として乾かす、というシンプルな使い方が気に入っています。さ、今日は何を作ろうかな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました