【長野】蕎麦 らいあん はぎわら 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【長野】らいあん はぎわら 水萌・手びきグルメ
【長野】らいあん はぎわら 水萌・手びき

長野に行くと、おいしいおそばを食べたくなりますね。今回伺ったのは、「らいあん はぎわら」さん。一昔前、そばは家庭で作って食べる料理だったといいます。それを再現したおそばを食べられるのが特徴のお店です。さあ、さっそくレポートします。

家庭のそばを再現した、「手びき蕎麦」

この蕎麦は太麺で、これこそが、昔各家庭で自分で作って食べた「蕎麦」の原点だといいます。これは、松本市の奈川で獲れる玄そばを石臼で挽いて作ります。

蕎麦が再生する瞬間をとらえた「水萌蕎麦」

こちらあ、そばの身から黒皮を除いて、冷水に2日間浸して、そばの実が再生しようとする瞬間に実をつぶして、そばにするもの。こういった特徴のある、こだわりのそばを食べられるのが、「らいあん はぎわら」です。

当日食べたもの

でかけたのが、7月の3連休だったため、かなりのお客さんが来られる時期。残念ながらコースを味わうことができなかったのですが、並ばずには入れた幸運だけでも喜ぶべきかもしれません。

きれいな黄色の暖簾をくぐるって入店。左に通してもらいました。小上がりになった席は掘りごたつ風になっていて、座りやすい。待つことしばし。メニューをいただきます。

そばのコース料理もあるようですが、当日の依頼では時間がかかるとのことで断念。そして、手びき蕎麦と、水萌蕎麦の両方を食べ比べられるセットでお願いしました。

せっかくなので、野菜天ぷらとだし巻き卵を追加させていただき、楽しく食事をすることができました。

だし巻き卵は、塩味で甘くないもの。きりっとした味で、しょうゆとなじんでおいしかったです。野菜の天ぷらは、サクサクして、塩を付けていただきます。そしてついにお待ちかねの、手びき蕎麦。こういったそばを、みなさんご自宅で食べていらしたのですね。そう思うと、感慨深いです。

そばの肌がごつごつした感じで、この武骨さがいいですね。味はしっかり噛んで蕎麦の風味を味わいます。湧水、塩、かつおだしで食べる。同じ蕎麦でも変化を楽しみながらいただきます。

水萌蕎麦は、右のそばつゆでいただきます。個人的には、そばは塩で食べるのが一番好きで、今回もやっぱり塩が好みでした。

長野 らいあん はぎわら 基本情報

  • 店 名:らいあん はぎわら
  • 所在地: 長野県佐久市岩村田南西ノ久保2426-1
  • 電話番号:0267-67-6661
  • 営業時間: 昼11:30~15:00、 夜 17:00~21:00 ※ただし、そばがなくなり次第終了する場合もあるので、なるべく早くうかがうようにしましょう。
  • 定休日:不定休(主に火曜日)
  • 駐車場:15台

コメント

タイトルとURLをコピーしました