【新潟】燕温泉で贅沢に秘境の温泉を楽しむ 岩戸屋

スポンサーリンク
スポンサーリンク
燕温泉 岩戸屋 全景犬と泊まれる宿
燕温泉 岩戸屋 全景

新潟県の妙高をどんどんと登っていくと、登山道の入り口にあるのが、この燕温泉。ここは妙高戸隠連山国立公園区域内だ。この周辺では標高が最も高いところにある温泉で、我が家も四駆のSUVでよかったと思う坂道だった。登山の一般の方向けの駐車場を超えて、宿泊者だけが車で入ることを許される、そんな場所に岩戸屋がある。さぁ、秘境の燕温泉をレポートしよう。

燕温泉の魅力

  • 妙高戸隠連山国立公園区域内にある標高の高い温泉で白濁した温泉が楽しめる
  • 野湯として、有名な黄金の湯、河原の湯が無料で楽しめる
  • 妙高の山々と、街を見下ろすことができる
  • 真夏でも冷房は不要、とても涼しいエリア
  • 良質の源泉かけ流しの旅館に、わんも同室に泊まれるのだ!

燕温泉について

妙高高原には何度か来たことがあったけど、ここまでの標高高くは上ったことがなかった。四駆のSUVでぐんぐん高度を上げて街を見下ろす場所までやってきた。そこで小ぢんまりと、しかし素晴らしいお湯を楽しめる旅館がひしめいているのが、燕温泉だ。下の写真でも坂道が急なのがわかるだろうか?

燕温泉 岩戸屋 街を見下ろす
燕温泉 岩戸屋 街を見下ろす

そこを上って、これ以上は車で登れないところまできたら、目の前に岩戸屋が見える。

燕温泉 岩戸屋 全景
燕温泉 岩戸屋 全景
隠れ湯の里 岩戸屋
隠れ湯の里 岩戸屋

岩戸屋の隣には、足湯を提供している宿がある。この細い道は登山道に続いているので、結構な数の方が通る。その登山の疲れをいやすために、このエリアの旅館は、足湯や、また日帰りの温泉としてサービスを提供している。

燕温泉 岩戸屋 隣の足湯
燕温泉 岩戸屋 隣の足湯

足湯を覗いてみると、お湯は白濁し、湯の花が舞い、成分が濃いことがうかがえる。

岩戸屋 フロント周り

わんOKの宿とはいえ、一般の方がメインの宿なので、犬は必ず持参したケージ等にいれなければならない。我が家は、カートのバスケットを取り外して、ケージとして使えるように部屋に持って上がった。フロントから部屋までも、抱きかかえるか、バスケットに入れての移動となる。

燕温泉 岩戸屋 入り口
燕温泉 岩戸屋 入り口

入り口の右手に、フロントがある。飾らない感じのおかみさんが対応してくれて、さばさばしていて気持ちいい。客商売をしている、という感じではなく、この素朴さがかえって心地よい。

燕温泉 岩戸屋 フロント
燕温泉 岩戸屋 フロント

フロントの前にいろりがあって、ここを囲むように、お湯から上がってきた人たちがくつろいでいる。冬になると寒いだろうから、さらにここが団欒の場所となるだろう。

燕温泉 岩戸屋 いろり
燕温泉 岩戸屋 いろり

岩戸屋 室内

部屋は大きくはないけど、温泉を楽しみ、ゆっくり過ごせるので、十分満足。

燕温泉 岩戸屋 室内
燕温泉 岩戸屋 室内

2019年8月に訪問したが、この日は台風の影響で、燕温泉のエリアも異常な暑さだったのだという。通常は冷房器具なしで過ごせるとのことだったが、この日ばかりは偶然高温だったので、到着したらすぐに部屋の冷蔵庫に入っていたビールをいただいた。ぷはぁ。生き返ったぞ!

燕温泉 岩戸屋 室内
燕温泉 岩戸屋 室内

岩戸屋の温泉

1Fの奥にお風呂がある。観音風呂といわれている。

燕温泉 岩戸屋 観音風呂
燕温泉 岩戸屋 観音風呂

燕温泉 岩戸屋 観音風呂
燕温泉 岩戸屋 観音風呂

ここから先はお客様もいらして撮影できなかったが、白濁してとてもいいお湯だった。不思議なことに、この温泉から上がると、身体だけじゃなくて心まですっきり・さっぱりして、とてもよかった。温泉って、こんなにリフレッシュできるものだったのか!(普通のそれとは別格の、そんな気持ちになった。)

こんなに素晴らしいお風呂が、24時間、好きな時間に入れるというのは、本当に贅沢だ。ここは、リピート確定だ。今度は、母と一緒に来たいぞ。

岩戸屋の食事

お風呂の後、食事をいただくことに。食事は、正直言って派手さはなかったけれど、一つずつ手作りされている感じが伝わってきて、とてもおいしかった。量も味、質も満足だった。

その証拠に、この私が、料理の写真を撮り忘れるくらい、楽しく料理とお酒をいただいたのだ。最初は生ビールからスタートして、次に日本酒をいただいた。

日ごろは運転があるので、自宅以外ではあまりお酒を飲まないのだが、こういう旅館に来ると、ゆっくりお酒も楽しめるので、思わず開放的になったんだろうか。(写真を撮り忘れたことは、ほぼないので、自分でびっくり)

燕温泉 岩戸屋 夕食
燕温泉 岩戸屋 夕食

また、岩戸屋さんのスタッフさんたちは、きっとお酒を飲む楽しさを知っているのだと思う。ほかの家族連れと比べると、我が家はお酒を飲む分、時間がかかる。でも、せかすわけでもなく、こちらのペースを保たせてくださり、本当にゆっくりすることができた。ありがとうございます。

そろそろご飯をお願いします。そう伝えると、ご飯とみそ汁が出てきた。素朴な味で、ミョウガが入っていたところ当たり、とても気が利いておいしかった。

燕温泉 岩戸屋 夕食
燕温泉 岩戸屋 夕食

デザートはぜりー寄せだったけど、手作り感があってよかった。できあいのデザートを仕入れているところも多いけど、こういう手作りがいいんだよね。やっぱり。

燕温泉 岩戸屋 夕食デザート
燕温泉 岩戸屋 夕食デザート

館内には、はく製や絵画が飾ってあったり、また観音様の像もあった。

燕温泉 岩戸屋 おこじょはく製
燕温泉 岩戸屋 おこじょはく製

訪問した2019年8月の時期は満席で、食堂はいっぱいだった。やはり、人気がある宿なんだなぁ。驚いたのは、若い方や、家族連れが多かったこと。温泉にくるなんて、シニア層もかなり割合が高いんじゃないかと思っていたけれど、いや、どちらかというと、若い方のほうが多かった。

朝食後の散歩

私たちの朝は早い。日の出を見るのが好きだから。でも、ここは山あいで日の出は見えないので、少しゆっくり眼に起きて、朝の散歩へ。

宿の前を通って颯爽と昇っていく登山者と一緒に上へ。

続々と登山者が昇る
続々と登山者が昇る

ほどなくこんな案内板が。

妙高山登山道案内図
妙高山登山道案内図

そして、登山届を提出するための箱も。↓ そうか、登山するときに届け出て、下山したら下山届を出すんだね。↓ 初めて見た!

登山届 記入提出箱
登山届 記入提出箱

どうやら、上に露天風呂があるらしい。↓

黄金の湯
黄金の湯

その先に上っていくと・・・わ。野湯じゃないですか!!後で知ったんだけど、ここは有名な黄金の湯だったのです。女性のほうには囲いがあって(簡素だけど)、男性が入っているのは丸見え・・・なので、カメラを向けてゆっくりと写真撮るわけにいかず、中途半端な写真で、すんません・・・。いやぁ。ここにはいずれ、入りに来たい!!↓

黄金の湯
黄金の湯
黄金の湯 案内
黄金の湯 案内

岩戸屋さん・・・。飾らず、お客様扱いしすぎず、とても居心地よかったです。なんだろう、この気持ちは。おそらく、きっとまた、ここに来るだろう。そう思う。

次回は、燕温泉で秘湯と言われる黄金の湯にもはいってみたい。燕温泉に来て、想像以上に良かったし、お湯のすばらしさも実感したので、近い将来、また・・。お邪魔します。

岩戸屋の基本情報

燕温泉は源泉かけ流しの素晴らしい温泉だけど、帰り道に台風で大変なことに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました