【埼玉県・飯能市】メッツァビレッジでゆっくり過ごす一日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メッツァ 青空とソラ愛犬とお出かけ
メッツァ 青空とソラ

北欧の暮らしをモチーフにしたテーマパーク。広々とした空間、湖、森、広い空に囲まれた場所で、わんと楽しくのんびり一日を過ごせる場所をお探しなら、おすすめです。北欧の風景、音楽、雑貨に囲まれた時間を過ごしてみない?

大人がゆっくり過ごすもよし、お子さんにはトランポリンやジップラインがあって活動的に楽しめます。カヌーに乗って湖を遊覧することもできる。季節ごとのイベントも盛りだくさん。自然と親しむ時間を味わってください。

メッツァビレッジの魅力

  • 宮澤湖、森、空のコントラストがきれいな公園(なのに無料)
  • コンセプトは北欧。植栽のデザイン、建物、看板、それも素敵
  • レストランでは、わんが一緒に入れるテラス席も用意され食事も一緒
  • インドア派も、アウトドア派も、満足

宮澤湖、森、空のコントラストがきれいな公園

メッツァ エントランスを入ると別世界
メッツァ エントランスを入ると別世界

天気が良かったある土曜日。埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジに行ってきた。最大の魅力はこの自然を楽しめる広大な公園であること。時間を気にすることなく、ゆっくり気の向くままに楽しめる。近所に住んでいたら、毎週末散歩に来たい。そんな場所。

コンセプトは北欧。植栽のデザイン、建物、看板、それも素敵

メッツァのコンセプト 「余白と、暮らす」

北欧は
幸福度が高いことで知られています。

それは、仕事や悩みごとから解き放たれて
のんびりとゆったりと過ごす
“余白”の時間が生活の中にあるから。

たとえば、
一人で本を読んだり、
今日あったできごとを家族と話し合ったり。
コーヒーをゆっくりと味わったり、
ソファで何もせずくつろいだり。

メッツァは、
そんな居心地がよくて
北欧に流れているような時間を
お客様に提供します。

メッツァ公式サイト 「メッツァとは」から引用

北欧に行ったことはないが、「北欧に流れているような時間」ってこんな豊かなのかな。そう感じさせる空間。

レストランでは、わんが一緒に入れるテラス席も用意

レストランは、ビレッジ内に4か所あるけど、すべてテラス席あり。ワンと一緒に食事ができるので、安心だ。

マーケット棟 エントランスすぐ

エントランスを入ってすぐに見えるのが、マーケット棟。1Fは北欧雑貨や埼玉県の名産品やカフェタイプのレストランが入っていて、2Fは北欧雑貨やインテリアのショップが並ぶ。1Fには、小さいながらもいろんはカフェや専門店が並んでいる。併設されたテラス席で座ってゆっくり楽しもう。

メッツァ 入口の売店外
メッツァ 入口の売店外
  • SAIBOKU メッツァヴィレッジ店豚肉・ソーセージグリル
  • 武蔵利休 和スイーツ
  • らーめん AFURI
  • ROBERT’S COFFEE カフェ
  • ハンバーグの時間 ごちそうハンバーグ専門店
  • metsä cafe カフェ
  • 農家が作る tomateria GOTO パスタ&オムライス
  • ONE MORE BITEスイーツ/ソフトクリーム

UTEPILS(ウーテピルス)  屋外レストラン

UTEPILS(ウーテピルス)とはノルウェー語で「太陽の下でビールを楽しむ」という意味。目の前が湖という立地で、太陽の下で、まさにビールをいただける空間。

メッツァ 屋外レストラン
メッツァ 屋外レストラン

バーベキュースペースもあるから、手ぶらでバーベキューを楽しむことだってできる。ビールはキリンビールがプロデュースしたクラフトビールが楽しめる。自分が好きなビールを探してみるのも楽しい♪

メッツァ クラフトビール
メッツァ クラフトビール

スターバックス コーヒー

スターバックスはどこにでもある・・・そう思ってない?ここのは一味違う。だって、メッツァビレッジは 「余白と、暮らす」 というコンセプトだから。この店内では、ワークショップが楽しめる。湖を見ながらコーヒーをいただく至福の時間を味わおう。

nordics hosted by iittala

ロイヤル コペンハーゲン、イッタラ、アラビアなど世界的なテーブルウエアブランドを傘下におさめるフィスカースジャパンがプロデュースするコンセプトカフェ。期間毎にブランドが変わるのがとても楽しい。

私たちが出かけた時には、イッタラがテーマ。イッタラの食器で食事ができ、また気に入ったら食器を買うこともできるこのお店。サラダやパスタを中心に、デザートやドリンクをどうぞ。どのメニューもデザインがかわいくて、インスタ映えはばっちり。メニューを見ながら、「わぁ、かわいい!」の声が聞こえてきたよ!

インドア派も、アウトドア派も、満足

活動的なお子さんと一緒に出掛けるファミリー層には、こんな楽しみ方もある。

  • FUNMOCK(ファンモック)  フランスの技術を使ったアスレチック
  • Sågverkソグベルク / 認定NPO法人名栗カヌー工房  カヌーに乗って湖を探索しよう
  • ジップライン 宮沢湖周辺の高低差を生かして、ジップラインが楽しめる

クラフト系のワークショップも楽しめる。こちらは季節によってテーマが変わるから、事前に調べて予約しよう。詳しくはこちら

基本情報

  • 名 称:メッツァビレッジ
  • 所在地: 〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
  • 営業時間: 10:00 – 21:00(メンテナンスもあるため、事前に確認してね)

おすすめは、朝早めに出かけること。午後からは人が増えて込み合うこともある。10時くらいに到着するようにすれば、貸し切り状態で過ごせるよ。

Google マップを引き続きご利用いただく前に

動画も作ってみたよ

わんと一緒に、北欧のテーマパーク、メッツァビレッジへ行ってきたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました