【東京】新大久保 名家(ミョンガ)で食べよう、カンジャンケジャン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新大久保 カンジャンケジャングルメ
新大久保 カンジャンケジャン

みなさんは、カンジャンケジャン、食べたことがありますか?生きたワタリガニを醤油漬けにしたもので、これがとってもおいしいんです。韓国ソウルで食べて以来、ヤミツキに。その味が、新大久保で食べられるというので、行ってきました。写真入りでレポートします!!

新大久保は海外旅行の気分になれる

新大久保に降り立つと、そこは別世界。まるで韓国に旅行に来たように、韓国料理のお店が立ち並ぶ。休日は、韓国から若いスターの卵が営業活動の場として訪れる。道を歩いていると黄色い声援が聞こえ、振り向くと足が細くて長い、ハンサムボーイのグループが日本のファンへあいさつしながらプロモーションで歩いていました。

名家で食べたメニュー

当日、訪問したのは「名家」(ミョンガ)というお店。こちらはカンジャンケジャン好きには名の通ったお店。わくわくして出かけました。

席に座ると、こうしてどどーんと前菜が出てきます。これはまさに韓国風。これだけでおなか一杯になるくらいの量が惜しみなく出てきます。そして、その多くは野菜をふんだんに使ってとてもヘルシーなおかず。これはうれしい心遣いです。

新大久保 名家の総菜
新大久保 名家の総菜

どれをとっても家庭の味。素朴でおいしかったです。次に、お願いしたのは・・・お目当てのカンジャンケジャンーーーー!!これです。これが食べたかったわけです。カニは生のまま、醤油に浸けられていますから、生です。柔らかい肉質に、そうはいっても浸透圧でカニの水分は外に出て醤油に交じっている。だから、カニのうまみが凝縮され、加えて醤油のうまみと甘みがプラスされて、とっても・・・いいお味です。

新大久保 カンジャンケジャン
新大久保 カンジャンケジャン

あまりにおいしいので、食している間、会話はありません。

新大久保 カンジャンケジャン
新大久保 カンジャンケジャン

違う角度から見ても、おいしそうです。そうです。おいしいものは、おいしいわけです。必死でかぶりつきながら、ほかの料理もオーダーします。

新大久保 名家 餃子
新大久保 名家 餃子

海鮮チヂミも、定番ですね。魚介がしっかり入っていて、タレをつけて楽しみます。あぁー、おいしいなぁあ。。。。また結構なボリュームがあるので、おなかが膨らみます。いい仕事するなぁ。

新大久保 名家 チヂミ
新大久保 名家 チヂミ

そして、ついに、これ。カニの甲羅にご飯を載せて、上からカンジャンケジャンのづけタレをかけて、海苔を載せる。おいしくないはずがないでしょう!これは、ご飯の甘味に、つけダレが相乗効果を出します。あぁ・・・。おいしいぃぃぃ。そして、いい仕事をしているのは韓国のり。これも合うんですよ。これは夢に出てくるレベル。

新大久保 名家 カニの出汁とご飯
新大久保 名家 カニの出汁とご飯

新大久保 名家の基本情報

  • 名称:名家(ミョンガ)
  • 所在地: 東京都新宿区大窪1-5-13桜井ビルB1
  • 営業時間: ランチ A.M11:30~PM3:00(L.O2:30) 夜 P.M5:00~10:30(L.O10:00)
  • 定休日:月曜日
  • 駐車場:なし 

全国の食べ歩きマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました