エクストレイルが車中泊に適している理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
車中泊もゆったり車中泊日記
足を伸ばして寝られる

2018年 SUV 4WD 販売台数No.1だというエクストレイル。思い通りに動く操作性は最高で、山道でも踏み込んだ時の加速がたまらくイイ。暑い夏も、寒い冬も室内は快適。それを車中泊の面から見たエクストレイルの魅力を紹介します。

数ある「人気車種」からエクストレイル(T-32)を選んだ理由

結論から言うと、エクストレイルが「いちばん、ちょうどいい」と感じて購入を決定した。クルマを購入した目的は、車中泊して犬たちと気軽に旅行をするため。遠出も結構頻度が高いので燃費は良い車がいいな。生活シーンでは買い物や街中の移動に使うことも多いから、ゴツゴツして駐車場の高さ制限に引っかかるようなものでは困るし・・・。比較検討した車は9車種。ハイエース(トヨタ)、セレナ(日産)、オデッセイ(ホンダ)、フリード(ホンダ)、CX-5(マツダ)、アテンザ(マツダ)、X-1(BMW)、V-60(ボルボ)。

最終選考で3車種で、頑丈で十分な室内空間があるハイエース、運転席からの視界が良好でフルフラットが可能なセレナ、そして最終的に①車中泊のしやすさ②走りの良さ③燃費の良さ④デザインのポイントが高かったエクストレイルに。本当に、こんなに走りが良くスタイリッシュで、車中泊もできる居住性があるエクストレイルにして大満足だ!

エクストレイルが車中泊に適している理由

汚れても掃除が簡単 

犬と一緒に乗る前提だから、雨が降ると、犬の足が濡れる。その足で車に乗り込むので濡れた足で犬が歩くとシートにかわいい足跡が付く。エクストレイルはシートがビニールなので、汚れてもウェットティッシュでさっと拭くだけできれいに。だから汚れても平気なのだ~。

フルフラットモードで足を伸ばして寝られる

後部座席を前に倒すと、フルフラットになる。フラットと言っても、厳密にみると少し斜めだけど、その上にマットを引いて寝ちゃえば全く問題し!大人が二人足を伸ばして眠れるという十分なスペースへ。ただ天井はあまり高くないので、フルフラットにしてそこで食事するというのは無理かな。※エクストレイルT-32 の 2列シート・ガソリン車(ハイブリッド)の仕様です。

電源ソケットで電気機器OK

出先で電気製品を使いたいとき、電源ソケットは3か所あるので活用できる。

  1. 運転席左前のパネル。昔はシガーソケットだったけど、最近は吸わない人が増えたから、ここは多くの方が携帯電話の充電に使っているのでは?
  2. 運転席と助手席の間、コンソールの部分
  3. 後部のラゲッジを開けて右側

エクストレイルで快適な車中泊をするコツで、さらに快適なわんとの旅行をお楽しみください~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました